どう出版編集部ブログ

季刊誌『道』を発行している、どう出版の編集部が書き綴っていきます。

matuno.jpg


2011年の東日本大震災の時、松野さんは海岸から400メートルの病院に、進行性の末期がんの治療で入院していました。

そしてあの津波が病院を襲います。


「必死に走って非常階段にたどり着いた時、看護師さんが私を引っ張り上げてくれた。

 引っ張り上げられて体が浮いた次の瞬間、水がだーんと病院に入ってきて、階段踊り場に逃げ込んでいたお見舞いの人がダーッと流される状態を、私は引っ張り上げられながら見ていたんです」



あと1秒遅かったら助からなかった……。

病院をまたたく間に呑みこんだ津波から九死に一生を得た松野さん。

この津波でお父様も亡くしながらも、以降、被災した人たちのために来る日も来る日も夢中で炊き出しを続けます。

すると、数ヵ月後検査をすると、全身に広がっていたはずのがん細胞がすっかり消滅していたのです。


「そうやって夢中で白いご飯をどんどん炊いたり、おにぎりや炊き立てのご飯を配ったりして頑張って動いていた。

 たぶんそうやって動いていたのが、がん細胞がゼロになった一番のきっかけだと思います」



松野さんは、チリ津波でも、妹さんとお婆様を亡くす悲しい体験をしています。

「あの時も大変な思いをしましたが、でも助かって、病気をした時に余命がありませんと言われても生きることができた。
 今度の大震災でもこんな形で私は生き延びることができた。

 多分ご先祖様が私を生かしてくれていると思うし、見えないところで応援してくれていると思う。
 頑張っていればもっともっといいことがあるかなって思うから」


見えない力は、必ずある。そう確信した会見でもありました。

そして何より、松野さんの壮絶な体験と、勇気、そして底抜けの明るさから、たくさんの元気をいただきました。



191号の詳細は、こちらをご覧ください。
[ 季刊『道』191号 内容・購入 ]


定期購読のお申し込みはこちらです。
[ 定期購読のご案内 ]

2017.02.02 15:02 | 編集部より | トラックバック(-) | コメント(0) |
tanaka.jpg



マクロビオティック創始者・桜沢如一氏の愛弟子で、現在92歳の田中愛子先生にお話を伺いました。

田中先生は、お母様のご病気をきっかけに、世界的なマクロビオティック創始者である桜沢先生に10代で出会い、戦後間もない頃から愛弟子としてマクロビ普及に世界中を回ってこられました。

食べ物を薬とする食養で多くの人の健康を取り戻す活動は、70年にも及びます。

田中先生のすごいところは、その世界をめぐった活動の実践方法が実に特別であることです。

それは、どこに行くにも、お金を一銭も持たず、常にゼロからの出発。
あるのは、食べ物を薬とする食養という実践方法のみ、というもの。


「桜沢先生に『玄米だけ知っていたら、どんな病気でも治せるから、海外に行ってごらんなさい』とベルギーに送り出されたんです。
 出されたけれど、お金を一銭も持ちませんでした」

「とにかく行ったら何でも試してみようとやっていたら、見事に病気を治せるのです。
 ご馳走ばかりを食べて病気になった人に、玄米をよく噛んでいただいてもらうと、命が真っ直ぐになる」



各地での自分の生活を自力で建てながらの、まさに修行の日々。
それが、20代の頃から、しかも戦前、女性一人で、というのですから本当に驚きでした。

田中先生のお父様は、娘を初めてヨーロッパに送り出す時に、
「何かあったらこれで切腹しろ」と、
家伝の短刀を渡されたそうです。

また合気道の創始者、植芝盛平翁にも護身術の特訓を受けたそうで、その時の盛平翁との様子も語っておられます。

やさしい容姿からはとても想像できない、女性の底知れぬ、芯の強さ、エネルギーを感じた会見でした。


191号の詳細は、こちらをご覧ください。
[ 季刊『道』191号 内容・購入 ]


定期購読のお申し込みはこちらです。
[ 定期購読のご案内 ]

2017.02.02 15:01 | 編集部より | トラックバック(-) | コメント(0) |
20170202.jpg


俳人で、元海軍主計大尉の 金子兜太さんにお話を伺いました。
金子さんは、今年97歳。

2015年の7月に安全保障関連法案の成立を目指す安倍政権に反対の意思を示そうと、全国で掲げられたプラカード「アベ政治を許さない」を揮毫したのが、この金子さんでした。

金子さんは、太平洋戦争時の1944 年3月、米軍によってすでに無力化されていた連合艦隊の拠点であるトラック島に派遣され、敗戦後も1年3ヵ月米軍の捕虜となったのち、最終船で引き揚げてこられました。

極端な食糧不足のなか、トラック島での金子さんの壮絶な体験は、命の駆け引きのある第一線ではない、「日常」のある戦場においても人が死んでいくという現実があることを教えてくれています。

ある日、金子さんの部下の工員が、手榴弾実験で命を失います。
「自己顕示欲が強くて自分のことばかり考えているような集団でね。そのうちの一人が死んだ時の、あの、彼らの仲間意識。守ろうとするその気持ちがね……。いかにも人間的なんですよ。あったかい。
私はつくづく思った。『ああ、戦争というのは、こういう良い連中を、どんどん死なせてしまうものなんだ。戦争というのは悪だ』とね。」


金子さんは、現在の、戦争を生で体験していない人たちが戦争を頭で語る、知識で語る、そんな風潮に危機感をいだき、生きている限り、戦争の本当の姿を語り続けるのだとおっしゃいます。

金子さんはこの会見で、これまでどこにも話をしたことがないという体験をお話しくださいました。

それは戦場で体験された、金子さんたちの命を救った不思議な光との出会い。
「この人たちを救わなければ」というぎりぎりの状況でふんばった金子さんが、呼び寄せた光であるのかもしれません。

「私は、先の15年戦争の時に、青年期だった。あの時に身に染みたこと、それを絶対ゆずっちゃいかんと思っている。自分の信念のままにやれ、と。
そういう思いで戦争から帰ってきた。
戦争のことを語っていこうと。戦争に向かう人たちと徹底的に戦っていこうと。
そういう思いでいます。」


是非多くの方に、金子さんの深い思いを知っていただきたいです。


191号の詳細は、こちらをご覧ください。
[ 季刊『道』191号 内容・購入 ]


定期購読のお申し込みはこちらです。
[ 定期購読のご案内 ]

2017.02.02 14:07 | 編集部より | トラックバック(-) | コメント(0) |

季刊『道』191号に、早速感想をいただいております。

編集にあたりながら感じていた、ご登場くださる方々のエネルギーを、読者も感じてくださっている様子がわかり、とても嬉しく思います。

感想の一つをご紹介いたします。


巻頭対談での宇城先生の「人生は常にベストコンディションで」という言葉はスポーツに関わる人間にとっては、さらなる深い世界に、現役という短い時間だけでなく、人生に通用する金言だと思います。
緒方監督が「今、先生が入ってきた」と感じると言われていますが、そこから真っ直ぐに宇城先生の教えを受け止められているという誠実なお人柄を感じる事ができます。その事が、今回の広島の優勝に繋がり宇城先生のお言葉にもあるように、スポーツによる地方再生の見本だと思いました。今回の優勝こそ、今の時代に真にスポーツが良い影響を周りに与えた事象だと思います。これからのスポーツの存在意義がここにあるのではと感じてしまいました。まさにこれからのスポーツ界の未来を担う対談だと感じました。

191-13.jpg
対談中「先を取る」を体験する緒方監督


20170131-01.jpg
マクロビ創始者桜沢如一の奥様・里真夫人とクッキングスクール準備中の田中先生(左)

田中愛子さんの記事では、「命を強くしたらいいんです」や「自然から遠のくほど体は弱くなる」というお言葉がとても腑に落ちるというか、自然と納得してしまいました。また人間はいかに自分がきれいにしているかで見えてくる世界が違うという言葉も心に残りました。食物はもちろん、礼儀や所作、心など、人生すべてに共通する真理ではないかと思いました。

松野三枝子さんのお話は、本当に臨場感があり、読んでいて息をのんでしまいました。また様々な困難にあわれてもめげない、本当に強い人とはこのような事ではと思いました。まさに逆境を力にしてしまうという言葉がピッタリだと思いました。
また人の為に我を忘れて動いていたら、レベル5の癌細胞が消えてしまっていたという事。人としての人生の何かとても大事な事がこのお話の中にはあると感じます。
本当に松野さんのような方をマスコミはもっと扱うべきだと思います。

金澤翔子さんが自分だけおいしいものを食べてもつまらなく、人にその事をゆずるほうが幸せ、というくだりが本当に何とも言えず、目の奥から熱いものが込み上げてきます。翔子さんがいることで生まれてきた子がいるという事。そこに道ができているのだと思いました。
金澤泰子さんが宇城先生の本を読み、翔子さんの周りで起こる数々の出来事に答えを見出した事、そこに無意識で感じる何かがあったのだと思いました。泰子さんは翔子さんを通し、アインシュタインの法則を体感していたのだと思います。

20170131-02.jpg
金澤泰子さんの連載 「あふれる真心と愛」


阪長さんのお話は毎回本当に日本のスポーツ界の問題点を捉えていると思います。すべて指導者側の人間的レベルの低さ、自分や学校の欲、から来ることで、生徒を人間として見ていないのだと思います。それに比べ、ドミニカの野球はその人の人生という本当の意味での戦いに勝てるような指導であり、そこには「愛」を感じます。日本のスポーツ指導者は本当に勉強しなければ、未来はないと思いました。

気づく、気づかせるでは最初にローマがオリンピック招致を取り下げた事が書いてあり、この事は日本で報道されたのを見たことがありません。
そして日本の生産性が先進国で最下位だという事が語られていて、そこには今現在の日本の問題点がありありと浮かんできます。そしてその問題の本質が「人間」という存在を蔑ろにして、物のような「生産」になっている事が阪長さんのお話にも通じ、もうすでに今までの社会の思考構造では駄目なのだと、もうはっきりしてきていると思いました。
そして、そこから抜け出すには自分が変わるしかないという事。その具体的な例を「今」という瞬間を変えるという事で解説して下さっています。これは日常のありとあらゆる事に通じる事で、「今」という瞬間に自分の未来があるのだという事、要は自分が自分の未来を創っていくという事、言葉では当たり前と感じますが、実際にはほぼすべての日本人が、それを実践できていません。それほどまでに平和ボケし、何かに操られているのだと思います。

そこからまさに目覚めさせてくれる季刊『道』。そのような雑誌は他にはありません。自分の教科書です。毎号本当に楽しみです。

「心の奥の取材ノート」も「道」というとてつもない方達ばかりが登場する雑誌編集に関わった人にしか分からない貴重な瞬間が分かり、これから大いに楽しみです。
(福島 団体職員 30代 男性)



「心の奥の取材ノート」は今号からの新しい取り組みです。
これまでたくさんの方に出会って、思いを聞いてきました。時が経ってもありありと思い出す出来事や、その方の表情、しぐさ、雰囲気。そんなものをお伝えできたらと思っています。

このほかの感想をこちらでお読みいただけます。
[ 『道』 191号 読者の声 ]

[ 『道』 191号 内容詳細 ]
2017.01.31 14:48 | 編集部より | トラックバック(-) | コメント(0) |
20170126-01.jpg


今回は、2016年に25年ぶりのリーグ優勝を果たした広島東洋カープ監督の緒方孝市氏との対談です。
現役時代から宇城憲治先生を師とあおぎ、その学びを自らの指針としてきた緒方氏。

対談では、緒方氏が宇城先生からどのような指導を受けてきたか、その指導をどう受け止め、自らに浸透させ実践してきたかが具体的に語られています。

初めての塾長の指導の時、緒方氏の目の前でヘルメットすらつけずに、次からつぎにマシンの球を打ってみせる宇城先生の姿に、緒方氏は心底驚いたと、次のように語っています。

「先生はまったく野球をご存知なかったじゃないですか(笑)。僕はおそらくプロとして最初に先生に指導を受けた人間だと思うのですが、いきなり先生がバットを持って『こうだ』とスイングされた時は、いや、もうびっくりしました。実際マシンを使って、『こうやって打つんだ』と本当に打っておられた。もう野球がどうのということではなくて、身体という事に対し、もっと知らなくてはならないと教えられました」(対談より)

宇城先生はこれまでも長年にわたり、サッカー、ラグビー、アメフト、陸上、柔道、水泳、テニス、相撲など、プロ・アマ問わずあらゆるスポーツの選手や指導者を指導してきています。
野球では緒方氏の他に、小久保裕紀氏(現日本代表「侍ジャパン」監督)や田口壮氏(現オリックス・バッファローズ 二軍監督)、サッカーでは岡田武史氏(サッカー全日本前監督)など継続的に指導をしてきました。そこにあるのは、すべてに通じる身体の本質的な使い方です。

宇城先生が「統一体」と呼ぶその身体のあり方は、身体を部分で鍛えるスポーツのあり方を根本的に覆すものであり、それは身体だけでなく、その人のものの見方、考え方にも深く影響するものです。
 、
対談は、時折実践を交えながらのノンストップの3時間。マスコミなどで、「無口で頑固」と書かれることの多かった緒方氏ですが、そのようなところは一切感じられず、「ぶれない」「まっすぐ」「裏切らない」人柄と、野球に対する並々ならぬ熱い情熱を感じました。

今回の広島カープの優勝の裏には、まさに多くの人の思いや情熱が働いていること。目に見えないものの働きにこそ、人を動かす本質があることを教えてくれる対談となりました。

20170126-02.jpg




191号の詳細は、こちらをご覧ください。
[ 季刊『道』191号 内容・購入 ]


定期購読のお申し込みはこちらです。
[ 定期購読のご案内 ]

2017.01.26 16:11 | 編集部より | トラックバック(-) | コメント(0) |