FC2ブログ

どう出版編集部ブログ

季刊誌『道』を発行している、どう出版の編集部が書き綴っていきます。

20160528-3_2016052812080642e.jpg

写真は、オバマ大統領と坪井さんが握手しながらて語っている写真(28日付朝日新聞より)


5月27日、アメリカ大統領として初めて広島を訪問したオバマ大統領は、原爆慰霊碑で献花を終え、演説後に被爆者団体の代表者らと会話を交わしました。
その一人が季刊誌『道』172号で、会見取材をさせていただいた、坪井直さん(広島原爆被害者団体協議会代表委員 91歳)です。

会見で坪井さんは、爆心から1キロのところで原子爆弾の直爆を受けて瀕死の状態となりながらも必死で今日まで生き抜いてきた思いを語ってくださいました。
人生を変えられたくやしさ、差別された悲しみ、助けられなかった命への思い。壮絶な人生を生きながらも、教師として、子供たちに命の大切さを伝えてこられました。
そして坪井さんは、会見でなんども、「ネバーギブアップ、命が一番なんだ」と語られ、生き抜いて、原爆の悲惨さを伝え抜くことが、自分を助けてくれた人たちへの恩返しで
あると語ってくださいました。

以下は、会見中の坪井さんの言葉です。

「戦争の役に立たない者は後回し。それは死んでもらおうということと同じですよ。『こん畜生』と思ってね。人の命をなんだと思っているんだと。この時のことが私の平和への思いの原点です」

「命が大事、これが一番なんです。その次が人間としての尊厳。動物も同じ。命を傷つけるなんてもってのほか。命を取るなんてもってのほか。戦争は人の命の取り合いです。命を取れば褒められる。戦争は絶対に駄目なんです。核兵器廃絶はそのあとのこと。核兵器は一発で何十万もの人を殺す。未来にわたって何十年も被害を残す。だから原爆は絶対にいかん!すべて命の問題なんです。それが僕の根っこにある。命が先にあって、それから戦争が駄目、原爆が駄目、テロも駄目なんですよ。」



20160528-04.jpg


20160528-1.jpg
2012年3月



[季刊『道』172号]

2016.05.28 11:32 | 編集部より | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示