FC2ブログ

どう出版編集部ブログ

季刊誌『道』を発行している、どう出版の編集部が書き綴っていきます。

こんにちは。
先日、高校生から『道』183号の感想文をいただきました。

 『道』は10代の高校生から戦争を経験した世代の80代まで、実に幅広い年齢層の方々が愛読してくださっていますが、今回高校生からたくさんの感想をいただきました。
 感想文を寄せてくれたのは、今年1月に奈良県立桜井高校で開催された、宇城憲治先生による学校講習会に参加した生徒さんたちです。
 
 『道』に登場された方々の生き様に触れ、高校生が様々なことを感じ、その思いを素直につづってくれたことが何より嬉しく、元気をたくさんもらいました。
 また、その鋭い視点には、「はっ」とさせられることも多かったです。
 
 今回、海外で活躍しているアフリカの佐藤芳之さんと昨年ノーベル物理学賞を受賞された中村修二氏の記事を読み、

「日本という小さな世界に閉じこもっているのではなく世界をもっと広げるべきだと分かりました。見方が変われば、考え方も変わって、考え方が変われば、行動に出ると思いました。」

「自分の生きる世界を広くしなければ、器や視野も広くはならないのだと思いました。」

「知らないことがどれだけ怖いかということが分かりました。『道』を読ませていただいて終わらすのではなく、感じたことを日常生活から生かして自分の中でもっと深めていきたいです。」
 

 など、大きく視野を広げていくことの大切さを感じてくれました。
 それはそのまま、大人がたち戻るべき原点かもしれないと、気づかされました。
 
 私たち編集部は、読者の皆様からいただいた感想はすべて、本誌に登場された方々に直接お送りしています。
 一方向ではなく、『道』の記事から生まれた感動やエネルギーを、その原点となってくださった方々に届けたい、が私たちの願いだからです。

以下に、183号にいただいた高校生の感想文や、読者からの感想文を紹介しています。
[183号感想]

 
2015.02.26 13:32 | 編集部より | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示