どう出版編集部ブログ

季刊誌『道』を発行している、どう出版の編集部が書き綴っていきます。

matuno.jpg


2011年の東日本大震災の時、松野さんは海岸から400メートルの病院に、進行性の末期がんの治療で入院していました。

そしてあの津波が病院を襲います。


「必死に走って非常階段にたどり着いた時、看護師さんが私を引っ張り上げてくれた。

 引っ張り上げられて体が浮いた次の瞬間、水がだーんと病院に入ってきて、階段踊り場に逃げ込んでいたお見舞いの人がダーッと流される状態を、私は引っ張り上げられながら見ていたんです」



あと1秒遅かったら助からなかった……。

病院をまたたく間に呑みこんだ津波から九死に一生を得た松野さん。

この津波でお父様も亡くしながらも、以降、被災した人たちのために来る日も来る日も夢中で炊き出しを続けます。

すると、数ヵ月後検査をすると、全身に広がっていたはずのがん細胞がすっかり消滅していたのです。


「そうやって夢中で白いご飯をどんどん炊いたり、おにぎりや炊き立てのご飯を配ったりして頑張って動いていた。

 たぶんそうやって動いていたのが、がん細胞がゼロになった一番のきっかけだと思います」



松野さんは、チリ津波でも、妹さんとお婆様を亡くす悲しい体験をしています。

「あの時も大変な思いをしましたが、でも助かって、病気をした時に余命がありませんと言われても生きることができた。
 今度の大震災でもこんな形で私は生き延びることができた。

 多分ご先祖様が私を生かしてくれていると思うし、見えないところで応援してくれていると思う。
 頑張っていればもっともっといいことがあるかなって思うから」


見えない力は、必ずある。そう確信した会見でもありました。

そして何より、松野さんの壮絶な体験と、勇気、そして底抜けの明るさから、たくさんの元気をいただきました。



191号の詳細は、こちらをご覧ください。
[ 季刊『道』191号 内容・購入 ]


定期購読のお申し込みはこちらです。
[ 定期購読のご案内 ]

2017.02.02 15:02 | 編集部より | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示