どう出版編集部ブログ

季刊誌『道』を発行している、どう出版の編集部が書き綴っていきます。


季刊『道』191号に、早速感想をいただいております。

編集にあたりながら感じていた、ご登場くださる方々のエネルギーを、読者も感じてくださっている様子がわかり、とても嬉しく思います。

感想の一つをご紹介いたします。


巻頭対談での宇城先生の「人生は常にベストコンディションで」という言葉はスポーツに関わる人間にとっては、さらなる深い世界に、現役という短い時間だけでなく、人生に通用する金言だと思います。
緒方監督が「今、先生が入ってきた」と感じると言われていますが、そこから真っ直ぐに宇城先生の教えを受け止められているという誠実なお人柄を感じる事ができます。その事が、今回の広島の優勝に繋がり宇城先生のお言葉にもあるように、スポーツによる地方再生の見本だと思いました。今回の優勝こそ、今の時代に真にスポーツが良い影響を周りに与えた事象だと思います。これからのスポーツの存在意義がここにあるのではと感じてしまいました。まさにこれからのスポーツ界の未来を担う対談だと感じました。

191-13.jpg
対談中「先を取る」を体験する緒方監督


20170131-01.jpg
マクロビ創始者桜沢如一の奥様・里真夫人とクッキングスクール準備中の田中先生(左)

田中愛子さんの記事では、「命を強くしたらいいんです」や「自然から遠のくほど体は弱くなる」というお言葉がとても腑に落ちるというか、自然と納得してしまいました。また人間はいかに自分がきれいにしているかで見えてくる世界が違うという言葉も心に残りました。食物はもちろん、礼儀や所作、心など、人生すべてに共通する真理ではないかと思いました。

松野三枝子さんのお話は、本当に臨場感があり、読んでいて息をのんでしまいました。また様々な困難にあわれてもめげない、本当に強い人とはこのような事ではと思いました。まさに逆境を力にしてしまうという言葉がピッタリだと思いました。
また人の為に我を忘れて動いていたら、レベル5の癌細胞が消えてしまっていたという事。人としての人生の何かとても大事な事がこのお話の中にはあると感じます。
本当に松野さんのような方をマスコミはもっと扱うべきだと思います。

金澤翔子さんが自分だけおいしいものを食べてもつまらなく、人にその事をゆずるほうが幸せ、というくだりが本当に何とも言えず、目の奥から熱いものが込み上げてきます。翔子さんがいることで生まれてきた子がいるという事。そこに道ができているのだと思いました。
金澤泰子さんが宇城先生の本を読み、翔子さんの周りで起こる数々の出来事に答えを見出した事、そこに無意識で感じる何かがあったのだと思いました。泰子さんは翔子さんを通し、アインシュタインの法則を体感していたのだと思います。

20170131-02.jpg
金澤泰子さんの連載 「あふれる真心と愛」


阪長さんのお話は毎回本当に日本のスポーツ界の問題点を捉えていると思います。すべて指導者側の人間的レベルの低さ、自分や学校の欲、から来ることで、生徒を人間として見ていないのだと思います。それに比べ、ドミニカの野球はその人の人生という本当の意味での戦いに勝てるような指導であり、そこには「愛」を感じます。日本のスポーツ指導者は本当に勉強しなければ、未来はないと思いました。

気づく、気づかせるでは最初にローマがオリンピック招致を取り下げた事が書いてあり、この事は日本で報道されたのを見たことがありません。
そして日本の生産性が先進国で最下位だという事が語られていて、そこには今現在の日本の問題点がありありと浮かんできます。そしてその問題の本質が「人間」という存在を蔑ろにして、物のような「生産」になっている事が阪長さんのお話にも通じ、もうすでに今までの社会の思考構造では駄目なのだと、もうはっきりしてきていると思いました。
そして、そこから抜け出すには自分が変わるしかないという事。その具体的な例を「今」という瞬間を変えるという事で解説して下さっています。これは日常のありとあらゆる事に通じる事で、「今」という瞬間に自分の未来があるのだという事、要は自分が自分の未来を創っていくという事、言葉では当たり前と感じますが、実際にはほぼすべての日本人が、それを実践できていません。それほどまでに平和ボケし、何かに操られているのだと思います。

そこからまさに目覚めさせてくれる季刊『道』。そのような雑誌は他にはありません。自分の教科書です。毎号本当に楽しみです。

「心の奥の取材ノート」も「道」というとてつもない方達ばかりが登場する雑誌編集に関わった人にしか分からない貴重な瞬間が分かり、これから大いに楽しみです。
(福島 団体職員 30代 男性)



「心の奥の取材ノート」は今号からの新しい取り組みです。
これまでたくさんの方に出会って、思いを聞いてきました。時が経ってもありありと思い出す出来事や、その方の表情、しぐさ、雰囲気。そんなものをお伝えできたらと思っています。

このほかの感想をこちらでお読みいただけます。
[ 『道』 191号 読者の声 ]

[ 『道』 191号 内容詳細 ]
2017.01.31 14:48 | 編集部より | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示