FC2ブログ

どう出版編集部ブログ

季刊誌『道』を発行している、どう出版の編集部が書き綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 
季刊『道』191号が、いよいよ1月24日(火)に入荷してまいります!

テーマは、「信念を貫く」。

dou191.jpg

信念をもって歩む人は、どんな道であれ自分も人をも育てていく ――
このことが強烈に伝わってくる1冊となりました。


「宇城憲治巻頭対談」には、
昨年、25年ぶりのリーグ優勝を果たした広島東洋カープの緒方孝市監督にご登場いただきました。
選手時代から師とあおいで学び続けた宇城氏と、来季に向けての信念とこれからの野球について語り合っていただいています。

191-12.jpg

勝ちは希望を与え 負けは人間を強くする 
― 人間を育てる野球を貫く ―

広島東洋カープ監督 緒方孝市 VS UK実践塾代表 宇城憲治

「勝とうが負けようが、『できたか、できなかったか』が大事。負ければ負けるだけの原因があった。その反省と次への準備、その日々の繰り返しが良かったと思う」 (緒方)

「高みの世界があることが分かってくれば、決して今に満足することなく24時間稽古につながっていく。これは経験した人でなければ分からない世界です」 (宇城)



●今回のロングインタビューは3本立て。


191-4.jpg

信念のままに伝え続ける反戦の思い 
元海軍主計大尉 俳人 金子兜太 

「ばかばかしいような人間の死というのを積み上げていくのが戦争なんですよ。
 そんなものを認めていいはずがないんだ」
あの戦場で身体に刻み込んだ思いを句に込める、97歳の問いかけ。


191-2.jpg

命を強くする生き方 
マクロビオティック指導家 田中愛子

「カロリーがいくつ、カルシウムがいくつとか、そうやって集めるんじゃなくて、命を強くしたらいいんです」
母を失った悔しさをバネに、身一つで伝えていったマクロビオティック。
師の教えを軸にした、しなやかな生き方。


191-3.jpg

頑張っていれば、もっともっといいことがある!
― 末期がん、津波被災を乗り越えて ―
農漁家レストラン「松野や」 松野三枝子

「志津川から避難している人たちが戻ってきた時に、休む場所をつくってあげたい」
余命ゼロの末期がんと、津波・震災を乗り越え生かされた命を
苦しむ人の力に――松野やの女将の思い。



●そして豊富な連載記事の数々

毎号毎号、『道』にお寄せいただく原稿や写真には、執筆いただく方の今の活動や、今に至る思いがあふれんばかりにつまっています!


191号の詳細は、こちらをご覧ください。
[ 季刊『道』191号 内容・購入 ]


定期購読のお申し込みはこちらです。
[ 定期購読のご案内 ]


 
スポンサーサイト
2017.01.18 14:36 | 編集部より | トラックバック(-) | コメント(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。