FC2ブログ

どう出版編集部ブログ

季刊誌『道』を発行している、どう出版の編集部が書き綴っていきます。

20160713.jpg
宇城憲治先生の最新刊が6月末に発売となりました。


毎回、季刊誌『道』での巻頭対談や、連載『気づく、気づかせる』で
気や統一体について詳しく触れてくださっている宇城先生ですが、
『異次元時空を生み出す気と重力』では、

道塾や空手塾をはじめ各地の指導で展開している
「不可能なことを一瞬にして可能となる事象」について、その仕組みを明らかにするとともに、

人間のエネルギーの根源が、こうした時空をつくり出す「気と重力」
から生み出されていることを解き明かしていきます。


道塾や空手塾で学ぶ塾生は、
1対3の腕相撲といった通常では「あり得ない」ことが
できるようなる次元の経験だけでなく、

もっと日常的なこと、たとえば、

宇城先生の指導を受けると、膝痛で正座ができなかった人が
できるようになったり、

不調であった体調がすっかりよくなって元に戻ったり、
仕事で行き詰まっていた人が、解決の方向を見出したり、

それまで対立状態にあった上司や家族との関係が、
柔らかくなり、いつのまにか調和してつきあえるようになったり……

実に様々な嬉しい変化を経験します。

そうした変化は、不思議でもなんでもなく、
そこに実は、私たちが忘れている、あるいは眠らせてしまっている
人間が生まれながらにもつ大切な法則があるのです。

その法則とは何なのか。その根源は?

宇城先生は、本書の「おわりに」で、

「植物は大地から養分を受けて育っていくように、
人間を突き動かすエネルギーとは、まさに内なる情熱というエネルギーであり、
そのエネルギーをつくり出すもとが、
私たち人間をしっかり大地に引き留めてくれている地球の重力であり、
この重力に作用するのが気です。」

と述べています。
まさに、その法則をひも解き、エネルギーを取り戻すヒントが、
本書で解説されている「気と重力」にあります。

― 「気と重力」による異次元時空が生み出す事象 ―

 気と重力は、
  ○ 人間のエネルギーの根源・やる気、勇気、元気を生み出す
  ○ 武術の究極・戦わずして勝つの「間」をつくる
  ○ 力が不要な「調和する時空」をつくり、その力を連鎖させる
  ○ 人間の重さを生み、人間力を確実にアップさせる
  ○ 人間の潜在能力を発揮させる身体の土台・「統一体」をつくる

 人間が眠らせてしまっている能力に気づき、目覚めさせ
 開発していきたいと願う方に、お勧めいたします。
 

[ご注文はこちらへ]


スポンサーサイト



2016.07.13 18:10 | 編集部より | トラックバック(-) | コメント(0) |