どう出版編集部ブログ

季刊誌『道』を発行している、どう出版の編集部が書き綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ukd19-1.jpg
DVD制作担当の千葉由利枝です。
宇城道塾教材DVD『近藤亨先生の偉業をこの目で』が、いよいよ発売となります。

このDVDを制作している2ヵ月間、私は体は日本にありながら、気持ちはネパール・ムスタンにありました。
2009年に宇城憲治先生が、近藤亨先生がムスタンに拓かれた農場を訪れた時の記録の中にいました。

膨大な映像、写真、音声は、同行した宇城先生のお弟子さんと季刊『道』編集長が記録していたものです。この記録は、この旅が終わった直後の『道』162号に掲載したレポート「近藤亨先生の偉業をこの目で」に結実し、その後は紐解かれることなく大切に保管されるままになっていました。

この記録を、宇城道塾の教材として一本のドキュメンタリーに、という企画が持ち上がってから、資料と格闘する中で、改めて私は、このお二人の偉大さに目を瞠ったのでした。

ネパール首相のたっての希望もあり、ムスタンの貧しい農民を救うため全財産を投げ打って、土地を変え、人を変え、生活を変えた・・・近藤先生がなされたことは本当に考えられないような素晴らしいことです。目にした誰もが、その業績を認めることは間違いないでしょう。

しかし、制作を進めるなかで私が思ったのは、宇城先生ほどに近藤先生の想いを受け止め、理解した人が一体どれほどいただろうか・・・ということでした。

近藤先生がつくられた農場や運営する学校などを実際に訪ねて、その生きざまに触れていった宇城先生が、その時その時に語り残してくださったことは、近藤先生の業績のさらに奥にあるもの、それに照らして浮かぶ日本および日本人の課題や受け止める側の課題、問いかけ・・・など、深さが尽きません。

誰もが認める近藤先生の偉業。
しかし、その本質が捉えられたことはあったのだろうか・・・?

志と実績が高ければ高いほど、本当の理解者は少ないのではないだろうか・・・・・そんなことを思いました。

   *    *

宇城先生がムスタンで語った、近藤先生の偉業に照らして浮かび上がる現代日本の課題、近藤先生の実践に学ぶべきこと、
そして、

「やってきた人に学ぶ」とはどういうことか。
情熱に燃える人に近づく、その覚悟があるか。

―― 近藤先生と宇城先生のこの交流の記録から、学べることはたくさんあります。

道塾の教材として制作したDVDですが、「やってきた人に学ぶ」という『道』の趣旨にも沿う、今を生き抜くエネルギーを湧かせてくれるメッセージに溢れた作品です。
今に迷っていたり、一歩を踏み出す勇気が出なかったり、元気をなくしたりしている人にも観ていただきたいと思います。

また、近藤先生の願いで実現した宇城先生のカトマンズでの演武会では、宇城先生の圧巻の居合演武、空手型演武を収録しています。
なかでも空手の型・パッサイは初めての公開となる演武です。

DVDは前編32分、後編40分の2枚組です。
予告編はそれぞれ5分程度でほんの一端ではありますが、ご覧ください。

▼ 前編 予告編


▼ 後編 予告編



[ご注文はこちらです]


スポンサーサイト
2016.03.29 19:32 | 編集部より | トラックバック(-) | コメント(0) |
taiga3.jpg

『宇城憲治対談集 大河にコップ一杯の水 第3集』
読者から感想をいただきました。











8人の方々のお話の内容はどれも力強く魂に響く
滋賀 50代 女性

「行動先にありき。」の8人の方々のお話の内容はどれも力強く魂に響くものでした。やりきっているからこそ説得力があり、知識ではなく生き切っている身体から出てくる迫力のようなものを感じました。
小川三夫棟梁の「やれるかどうかなんて考える必要はないんだ。どうやったらできるかを考えやりながら次を見通すんだ。」というお言葉に勇気と希望をいただきました。
野口健さんも「先にやる。その覚悟が人を動かす。」と言っておられます。生かされていることに感謝して自分の使命をただひたすらに力強く生き抜くことで、次の世代またその次の世代にまでもエネルギーを与える生き方を残せるのだと思いました。
中でも70歳で家族と別れ私財を投げ打ってひとりムスタンで農業に取り組んでおられる近藤亨さんの命がけのお姿には圧倒されます。衰弱している現在の日本に大きな影響を与え、これからの力強い日本人を作り上げようとされている方々ばかりです。自分自身が信念を持ってせいいっぱい生きること。それが日本再生の道になるのだということを言葉ではなく「大河に飲み込まれることなく流れ続けていく生き方。」から学ばせていただきました。



この他の感想はこちらに掲載しています。 
[ 『大河にコップ一杯の水 第3集』 読者の声 ]

[ 『大河にコップ一杯の水 第3集』詳細 ]
 
2016.03.08 14:30 | 編集部より | トラックバック(-) | コメント(0) |
20160307.jpg


季刊『道』187号に感想をいただきました。

『道』を大事に読んでくださり、ありがとうございます。
読者の皆さまからの感想は、私たちの日々の活力となっています。


この他の感想はこちらに掲載しています。 [ 『道』187号 読者の声 ]



巻頭対談「宇城憲治VS作家山元加津子」
~真実を見る目・伝える力が 人を動かし世の中を変えていく~を読んで

(女性 TY)


季刊『道』で作家山元加津子さんを知って以来、『道』の紙面を通して、心魅かれ続けてきた山元さんと宇城先生の対談の表紙を目にした時から、胸の奥にグッと来るものを感じました。さらに、紙面を広げるとその目の前で、あたかも対談が行なわれているように、心で読み進めることができました。そして時を置いて、繰り返し読みました。三度目に、声に出して読みました。
最後の見開きも後半に差し掛かった頃、「私は、すでに受け取っていた。」と不意に気づいた時、声がかすれて、涙がどっと溢れて出て来ました。これが、「映す」ということなのかと。
対談が行われていた時間も場所も越えて、私の元へ届けていただいた、宇城先生と山元さんの『心』
対談されている中で、繰り広げられている心のあり方・境地は、お二人の『ぶれない心』芯の通った強さが、穏やかな言葉とともに存在していると感じさせていただきました。

この時の私は、カウンセリングの学びの場を離れるに至った人間関係の悩みを越えられず、限りある時間の中で立ち往生をしていました。山元さんの言われている「誰のことも責めない」、「嫌な人だなというが来ても、…この人は必ず私に何かを教えてくれている人だ。」と頭では理解しながらも、心の中では葛藤が渦を巻き、距離を置いたくらいでは、消すこともできず、できれば避けて通りたい。でも避けたら、きっと後悔をする。現実に行動することもできぬまま、つぶれそうになっていたのだと、今は思います。

この心境で、宇城先生のおっしゃる「心と所作、行動を一致させるというあり方の本質に身を置いたらいい、そうすれば一歩前に進める」ということは、到底できない。どうすればいいのか、「事理一致」の難しさ、頭で理解していたことと、心の葛藤を抱えての、その一歩の重みは、遥かにかけ離れたところにあると、痛感しました。それでもその一歩を進めたい、お二人の境地に少しでも近づきたいと強く思いました。
気づきに至るまでには、少しでも、何とかしたいと、神社を参拝したその帰り道に、左の足首を挫いて、動くことを心に止められたのではないかと思いました。

また、山元さんの言葉から、この冊子『道』の素晴らしさは、「誰も責めることなく、しかし譲らずに、ぶれない。『大切なことは、ここですよ。』と私たちのところへ提供してくださっている」のだと、教えていただき、私の心の扉を開いていただいたように思います。
「ぶれない心」とは何か。ここに掲載されているみなさんの言葉と心を身近に感じることができ、季刊『道』がこんなにも愛にあふれた冊子であると感じることができました。今までは、すごいことをされている方々の話なのだと、遠くに感じながら読ませていただいているだけでした。
この一冊が私の宝物になりました。

今、私の心は、向き合ってきた葛藤を遠くに感じられて、冷静に見つめることができています。
お二人の『心』に触れて、時空に溶け込むパスポートに助けていただいて、私の心も調和を取り戻すことができたのではないかと思います。
この心を持って、正面から行動をしていく勇気をいただきました。

今まで、心が苦しいと感じた時に、現実を優先し、心を置き去りにして「心なし」の行動をとっていたことにも気づきました。
全てはつながっている。まずは、『心』先にあり、自身の心を大切にすることが、『ぶれない心』づくりの第一歩であると心に刻みました。

最後になりましたが、私も山元さんに助けていただいた一人だと思います。
「白雪姫プロジェクト」の活動とともに、山元さんの益々のご活躍を祈念しています。
宇城先生、そして山元さんに心から感謝を申し上げます。
ありがとうございました。




[ 『道』187号詳細 ]

 
2016.03.07 13:32 | 編集部より | トラックバック(-) | コメント(0) |
20160304.jpg

ひきつづき、季刊『道』187号に感想をいただきました。

今回は、薬を出さず注射もうたず、昔ながらの自然な育児法を提唱する小児科医・真弓定夫医師81歳のインタビュー記事に寄せられた感想をご紹介いたします。

いくつかご紹介いたします。


この他の感想はこちらに掲載しています。 [ 『道』187号 読者の声 ]



真弓定夫先生のお話、たいへん感銘を受けました
静岡 医学療法士 52歳 男性

真弓定夫先生のお話、たいへん感銘を受けました。
医療人として、医療の本来あるべき姿を実際に実践しておられる姿に感動しております。
医療はその方の持っている回復力を引き出すことが目的であると確信しています。ありがとうございました。


目の前の霧が晴れたような気持ちになりました
滋賀 教員 50歳 男性

小児科医 真弓定夫先生のお話を拝読して、とても明快に納得し、目の前の霧が晴れたような気持ちになりました。
日本人の平均寿命が延びたことを、医療の進歩とばかり考えておりましたが、言われてみれば今長寿の方々は先生がおっしゃる通り、昭和20年以前に生まれておられる方々です。これより後に生まれた方は逆に寿命が短くなっている。また60年間で人口が1.5倍増えたのに対し、なんと医療費が170倍になったという事実に驚愕しました。まさに昭和20年が起点となって、アメリカによる日本人を劣化させる政策が始まり、それに乗っかりながら金儲けのために国民の健康や安全を食い物にした企業や支配層の横暴が浮かび上がります。
また真実を伝えず、その片棒を担ぐようなマスコミの在り方も問われます。また何よりも、自分を含め、それに気づかず、流されるままに生きている国民、自らの身体や心を痛めるような生活を選んでいる国民の責任がいかに重大であるかを、看破されていました。本当にまずは自分を見直さなければ、子どもや孫に申し訳ないことになると強く思い知りました。


もっと勉強し、いろいろな事を知るようにしたい
福島 会社員 54歳 男性

真弓先生の薬を出さない医療にたいへん驚きました。
自分の知っている常識は根本的にまちがっていると感じました。
もっと勉強し、いろいろな事を知るようにします。




[ 『道』187号詳細 ]

 
2016.03.04 14:02 | 編集部より | トラックバック(-) | コメント(0) |
20160303.jpg

ひきつづき、季刊『道』187号に感想をいただきました。

『道』を大事に読んでくださり、ありがとうございます。
読者の皆さまからの感想は、私たちの日々の活力となっています。

いくつかご紹介いたします。


この他の感想はこちらに掲載しています。 [ 『道』187号 読者の声 ]



山元加津子さんのお話、ただただ心を打たれました
宮城 会社員 40歳 男性

『道』山元加津子さんのお話を拝見して、本当に深い愛と信念を持っておられ、真っ直ぐ生きていらっしゃる凄さに、ただただ心を打たれました。
中でも『ちいちゃん』のお話には物凄く引き込まれ、涙が出ました。本心から愛を持って行動、実践することによって、相手には伝わるんだ! レベルは全然違うけど、是非、自分も実践しよう! と思いました。


季刊『道』は現在の私の教科書です
大阪 大学職員 50代 男性

季刊『道』は現在の私の教科書です。
山本加津子さんとの対談は心に響きました。宮ぷーへの想い、諦めない心、目に見えない力が働いているのだと感じましたし、何物にも変えることができないのが理屈ではない「愛」だと気づかせていただきました。また山本加津子さんが手掛けておられる映画もすべて拝見いたしましたし、本も読ませていただく中で宇城先生がお話されていることがすべてにつながっていると感じております。毎日、通勤の車の中でDVDも観ておりますが、湧き上がる力をいただいております。本当にありがたいです。


素晴らしい贈り物を毎回、『道』を通じて頂いています
茨城 53歳 会社員 男性

『道』を読ませていただいて毎回感じることは、人間にはこんなにすごいエネルギーが宿っているんだということ。
対談や取材の方々が大河にコップ一杯の水のように大河に飲み込まれてしまうことなく自らに課した願いを実現するべく生きざまを見せてくださっています。
その、根底には人間がただ自然に勝手に生まれてきて数十年の人生を生きて死んでいくだけでない「人間、生命、地球」といった大きな視点での今、ここ、わたし、を生きておられる、素晴らしい贈り物を毎回、『道』を通じて頂いています。
私もそうした人になりたいと、思います。




[ 『道』187号詳細 ]

 
2016.03.03 13:39 | 編集部より | トラックバック(-) | コメント(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。