FC2ブログ

どう出版編集部ブログ

季刊誌『道』を発行している、どう出版の編集部が書き綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
186iwasaki01.jpg


これまで『道』の中で、度々「ハートオブミラクル」という映画制作・配給するNPO法人の名前が出てきます。

169号(2011夏)でインタビューさせてただき、今は連載をしていただいている山元加津子さんが登場される映画『僕のうしろに道はできる』
181号(2014夏)でインタビューさせていただいた、赤字ホテルを「従業員を幸せにする」という理念で黒字化させた柴田秋雄さんの取り組みを描いた『日本一幸せな従業員をつくる!』

これらの映画を制作・配給しているのがNPO法人ハートオブミラクルです。
そのハートオブミラクル代表であり両作品をつくられたのが映画監督 岩崎靖子さんです。

観る人の心を揺さぶって、行動に駆り立てる。
こんな映画をつくりだす原動力を知りたいと思い、岩崎さんにインタビューをいたしました。

過去の自分自身を

「いわゆるイケてない組」
「人前に出ないように出ないようにしていた」

と語った岩崎さんは今、

どこでも取材に出かけ、人と交わり
1000人のお客さんを前に堂々と思いのたけをスピーチする人に
変身を遂げられています。

インタビューでは、その秘密にも迫りました。


自分で自分の限界を決めていませんか?
その壁は、自分でつくりあげたものではありませんか?
自分の力で、その外への一歩を踏みませんか?


岩崎さんの映画をつくりあげる眼差しそのままの、
つよくて優しいメッセージに溢れたお話です。


【どう出版メルマガ 限定キャンペーン】
10月末日まで、「新規」定期購読をお申し込みの方に
お得なキャンペーンを行なっております。
メルマガに登録して、内容をご覧ください。
[どう出版メルマガ登録]


[季刊『道』186号 購入へ]

 
スポンサーサイト
2015.10.14 15:04 | 編集部より | トラックバック(-) | コメント(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。