どう出版編集部ブログ

季刊誌『道』を発行している、どう出版の編集部が書き綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
186taidan01.jpg

次号186号の巻頭対談にご登場くださるのは、
DNA研究の世界的権威でいらっしゃる村上和雄先生です。

185号で宇城先生と対談してくださった野中ともよさんが
村上先生とのご縁をくださり、当日も
対談にご同席くださいました。

お忙しい村上先生にいただいた対談時間は1時間でしたが、
予定の30分以上前に会場に足を運ぶと、すでにそこに村上先生のお姿が。

忙しいからこそ、こうして時間に遅れないように常に配慮されているのだなと感じ
たいへん恐縮いたしました。

予定よりだいぶ早く始まった対談は、あっという間に1時間が過ぎ、
終わった時は、すでに2時間。

それほど一気に集中した対談でした。

私たちのDNAには生まれながらに調和の遺伝子があり、
互いに助け合って調和しているのがむしろ本当の姿なのであって、
争ったり対立したりしているということは、
その逆のスイッチが入ってしまったということ。

それはすなわち、
本来の遺伝子が働かずに、OFFになってしまっているということでした。

本来の私たちの力が存分に発揮できたら
どんなに素晴らしいことでしょう。

そのために私たちが、やらなければならないこと、考えなければならないこと
その大切なヒントがこの対談にはたくさんつまっています。

要素還元主義できてしまったこれまでの科学は、
心や魂、愛などといった世界をずっと排除してきました。

しかし今回の対談では、
人間の思いが遺伝子にどれだけ作用してるかといった村上先生のご研究や
宇城先生が実践事実として紹介する、さまざまな人間の潜在能力の素晴らしさが
存分に語られています。

そうした否定できない事実、さらなる深い世界を理解していくには、
科学の上をいく科学、まさにスーパー科学の存在が必要であるのだと。

そして、私たち人間こそ、自らの可能性を信じ、
これまでのあり方をみつめなおさねばならないこと。

対談は、村上先生は科学者として、宇城先生は実践者として
両先生が人間の可能性を
開花させるエネルギーを解明する日も、そう遠くはないことを
示唆するものでありました。

186taidan02.jpg



【どう出版メルマガ 限定キャンペーン】
10月末日まで、「新規」定期購読をお申し込みの方に
お得なキャンペーンを行なっております。
メルマガに登録して、内容をご覧ください。
[どう出版メルマガ登録]

[季刊『道』186号 購入へ]
スポンサーサイト
2015.10.21 16:10 | 編集部より | トラックバック(-) | コメント(0) |
186noguchi01.jpg



「あなたたち、タネのことに興味はありますか?
 『道』で取り上げる気はないですか?」

そう言って野口のタネ/野口種苗研究所 野口勲さんの、数ページの記事のコピーを送ってくださったのは、『道』で連載いただいていた、杖道範士の松井健二先生でした。松井先生は子どもたちの将来、日本の行く末に常に心を寄せておられます。

送っていただいた記事を読み、さらに野口さんのご著書を読み、
これは多くの人が知るべきだし、何よりまず自分自身が勉強をさせていただく気持ちで、インタビューを申し込みました。
野口さんは二つ返事で快諾してくださいました。


F1種と固定種。
さらに、F1種の中の「雄性不稔(ゆうせいふねん オスの機能がない)」を利用した技術。


普通に流通している日本の野菜が大変なことになっていると、私たちは知りませんでした。
農薬や肥料のことを気にしていればいいな思っていました。
今、野菜の「タネ」は、命を次世代につなげないという問題を抱えていたのです。

「知らなかったから」と、未来の子どもたちに言い訳するわけにはいきません。
知ったところからでも、できることをしていく責任が、今を生きる人にあると思います。
小さなことでも、一歩ずつでも・・・・

食のもとである「タネ」をめぐる大きな力の存在のことも
野口さんは教えてくださいました。

しかし野口さんは、ある人の思いを背負って種苗店を営んでいるので、できることをしていくとおっしゃっています。

人間をはじめ、動物も植物も微生物も、生きとし生けるものすべてを認めた漫画家 手塚治虫さん、人生の師の思いです。
野口さんは種苗店を継がれる前は、手塚治虫さんの編集者でした。

「自分を形づくっているのは手塚漫画」

とおっしゃる野口さんは、手塚漫画のメッセージに恥じない「タネ屋」であろうと、その信念を貫いておられます。


命のタネを未来へつなぐ
―― 今、一人ひとりができること ――

 野口のタネ/野口種苗研究所 【野口 勲】

186号でお読みください。


【どう出版メルマガ 限定キャンペーン】
10月末日まで、「新規」定期購読をお申し込みの方に
お得なキャンペーンを行なっております。
メルマガに登録して、内容をご覧ください。
[どう出版メルマガ登録]

[季刊『道』186号 購入へ]

 
2015.10.15 13:55 | 編集部より | トラックバック(-) | コメント(0) |
186iwasaki01.jpg


これまで『道』の中で、度々「ハートオブミラクル」という映画制作・配給するNPO法人の名前が出てきます。

169号(2011夏)でインタビューさせてただき、今は連載をしていただいている山元加津子さんが登場される映画『僕のうしろに道はできる』
181号(2014夏)でインタビューさせていただいた、赤字ホテルを「従業員を幸せにする」という理念で黒字化させた柴田秋雄さんの取り組みを描いた『日本一幸せな従業員をつくる!』

これらの映画を制作・配給しているのがNPO法人ハートオブミラクルです。
そのハートオブミラクル代表であり両作品をつくられたのが映画監督 岩崎靖子さんです。

観る人の心を揺さぶって、行動に駆り立てる。
こんな映画をつくりだす原動力を知りたいと思い、岩崎さんにインタビューをいたしました。

過去の自分自身を

「いわゆるイケてない組」
「人前に出ないように出ないようにしていた」

と語った岩崎さんは今、

どこでも取材に出かけ、人と交わり
1000人のお客さんを前に堂々と思いのたけをスピーチする人に
変身を遂げられています。

インタビューでは、その秘密にも迫りました。


自分で自分の限界を決めていませんか?
その壁は、自分でつくりあげたものではありませんか?
自分の力で、その外への一歩を踏みませんか?


岩崎さんの映画をつくりあげる眼差しそのままの、
つよくて優しいメッセージに溢れたお話です。


【どう出版メルマガ 限定キャンペーン】
10月末日まで、「新規」定期購読をお申し込みの方に
お得なキャンペーンを行なっております。
メルマガに登録して、内容をご覧ください。
[どう出版メルマガ登録]


[季刊『道』186号 購入へ]

 
2015.10.14 15:04 | 編集部より | トラックバック(-) | コメント(0) |
dou186.jpg

今月22日に新しい号186号が入荷となります。



● 次号の巻頭対談には、DNA研究の世界的権威である、
筑波大学名誉教授の村上和雄先生にご登場いただきました。

村上先生は、「思いが遺伝子の働きを変える」すなわち、人間の心が眠っている遺伝子をオンにするのだということを提唱され、さまざまな実践的研究をされていらっしゃいます。

まさにそれは、
現在「気」によって、瞬時にその人が不可だったことを可にし
人の可能性を引き出している宇城憲治氏の
実践事例とつながっていました。

すべての人間のDNAに書き込まれている遺伝子を
どう開花させていくか。
そのスイッチを入れる根源とは何か。

お二人の対話は、
これまで科学が否定してきた心や魂の世界であるだけに、
科学の上をいく、スーパーサイエンスの世界の到来を
予感させてくれるものとなりました。


● ロングインタビューでは、
野菜のタネの危機的現状について警鐘を鳴らす
野口種苗研究所三代目の野口勲氏にお話を伺いました。

現在、命を次世代につなげないタネが世界的に、しかも
加速して広まっています。
知らなかった、ではすまされない、現状があることを
教えていただきました。


● もう一人、会見させていただいたのは、
ドキュメンタリー監督の岩﨑靖子さんです。

植物状態からの回復の軌跡を追う「僕のうしろに道はできる」
赤字経営のホテルを一転黒字に再生させた柴田秋雄氏の取り組みを追う
「日本一幸せな従業員をつくる!」など、多くの人に感動と勇気を
与えている映画を監督されてきた。その原動力に迫ります。


●『道』の連載記事も盛りだくさんです。

・見えないものを見る目をもとう 「土が教えてくれること」
 リンゴ農家 【木村秋則】

・今日一日を生きる
 「傷つけたすべての人のリストをつくり埋め合わせをする気持ちになった」
 茨城ダルク代表 【岩井喜代仁】

・私たちは銀河のなかに生きている 「原爆ドームと因島の祈り」
 銀河浴写真家 【佐々木隆】

・ありのままの私たち 「ほんとうの幸せとはなんだろう」
 作家 【山元加津子】

・地球を歩く ~ 知られざる絶景を求めて~ 「虹の抱擁 アイスランド」
 写真家  【野村哲也】

・世界の野球から日本の未来を見つめて 「ゆっくり、じっくり。」
 NPO法人 BBフューチャー 【阪長友仁】

・あふれる真心と愛 「翔子に降りくる幸運の正体」
 書家 【金澤泰子】

・うつくし、日本 「“坂の上の雲”の先は?」
 伊藤忠商事理事 【木暮浩明】

・気づく、気づかせる 「調和力を土台にした自己革新」
 UK実践塾代表 【宇城憲治】


●お申込みはこちらです。
  季刊誌『道』は、書店では一部を除き販売していませんので、
  定期購読がお勧めです。

 【 季刊『道』 定期購読の申し込み

  【 季刊『道』 186号





2015.10.02 12:03 | 編集部より | トラックバック(-) | コメント(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。