どう出版編集部ブログ

季刊誌『道』を発行している、どう出版の編集部が書き綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
jikowomigaki.jpg
本日、杖道範士八段 松井健二先生の新刊書『自己を磨き 人を育てる ― 師の存在が人生を豊かにする』が入荷いたしました。

ずっしりとくる重さは、240ページという厚みのためだけではないと思います。

本書は、季刊『道』で松井先生に連載いただいた「師につくし 自己を磨き 人を育てる」と、松井先生が主宰される杖心会会報に発表してこられた「乙藤市蔵先生語録」を合わせての出版を先生よりご提案いただき、制作が始まりました。

「乙藤市蔵先生語録」については、未発表のもの、書き下ろしのものを加えていただき、さらには松井先生の前師・清水隆次師範の項を書き下ろしていただきました。


第一部は、99歳で他界するまで神道夢想流を追求し続けた不世出の達人・乙藤市蔵師範の心の内を表わす語録115編と、その裏にある深さを紐解く松井先生の解説です。求道の厳しさと奥深さを教えてくれます。

第二部は、松井先生の最初の師である清水隆次師範についての述懐であり、師弟の間に流れる愛情は、現代に失われつつある情緒を思い出させるものであります。

第三部は、武術修業から得た人間学を軸に、何に心をつくし如何に生きるかを、私たち日本人に松井先生が問いかけるものです。



求道者である松井先生が何を求め、どのような思いで師についていったのか。

さらには、その師である清水師範、乙藤師範が生涯かけて求めたものは何か。



松井先生の筆により、身近に接しなければ感ずることもない師弟の間に流れるぬくもりまでが、伝わってくるようです。
また、乙藤師範の演武写真や当時の写真をふんだんに盛り込ませていただきました。


この一冊から、道統・伝統とは何かが立ちのぼってくるかのようです。
道を求め歩み続ける人に、必ず響く書であると確信します。

ぜひお手にとっていただきたいです。


[ 松井健二著 『自己を磨き 人を育てる』 詳細・購入ページ ]


 
スポンサーサイト
2015.06.25 18:50 | 編集部より | トラックバック(-) | コメント(0) |
7月発行の『道』185号の制作をすすめています。

ロングインタビューに山地(やまち)酪農家 中洞正さんにご登場いただくのですが、21日(日)と24日(水)にテレビに出ます、と教えていただきました。

中洞さんが実践しておられる「山地酪農」とは、山で行なう酪農のことで、中洞さんは24時間365日、完全な自然放牧を実践しておられます。牛たちの餌となるのは、自然に生えてくる下草や野シバ、木の葉など。穀物などの配合飼料とは無縁です。

今では分娩も牛まかせで、子牛はいつも母牛と一緒にのびのびと育ちます。

急斜面を駆け下りる乳牛がいるなんて、想像もしませんでした。

緑の山で気ままに過ごす牛たちは、とても幸せそうです。

2015nakahora01.jpg

2015nakahora02.jpg

  
「幸せな牛から おいしい牛乳」

中洞さんがおっしゃる通り、取材でごちそうになった牛乳は、ほんとうにおいしかった!

しかしこれは同時に、これまでの「牛乳の常識」を見直すきっかけにもなりました。
7月号『道』で詳しくご紹介いたします。


中洞さんご出演の番組はこちらです。

TBS 6月21日(日) 朝7:30~
『がっちりマンデー』 http://www.tbs.co.jp/gacchiri/

NHK総合 6月24日(水) 昼12:20~
『ひるブラ』 http://www4.nhk.or.jp/hirubura/x/2015-06-24/21/30956/
 
2015.06.19 11:25 | 編集部より | トラックバック(-) | コメント(0) |
先週発売となった宇城憲治先生の新刊『一人革命 ―― 自分が変われば周りも変わる』に読者から感想をいただきました。

私たち人間が本来の生き方をするための変革こそ、一人ひとりの革命であること。
心に響く素晴らしい感想文です。

20150616.jpg



















宇城憲治語録集『一人革命』を拝読いたしました。宇城憲治先生から頂いている御言葉を活字で御写真とともに拝見することで、より深く受け止めることができるように感じております。大変感謝申し上げます。

 沢山の御言葉が掲載されていますが、読後に残った気持ちの中で一番強いものは、人間には生まれながらにして与えられている使命と、それを実現するだけの素晴らしい潜在能力が与えられているが、教育や社会環境によって形成される後天的な常識がそれを埋没させ、人間は本来の生き方ができずに、迷走を続けているのではないかということです。
 そしてこの迷走は今に始まったことではなく、戦争や自然環境破壊に見られるような、積年の愚行として、現代に大きなツケを残しているのではないかと感じました。宇城先生の御指導は、そうした人類のあり方、生き方そのものを大きく変革する、歴史的挑戦にも似ているのではないかと感じます。
 そして宇城先生ご自身が、寛大さと愛、優しさと厳しさをもって、まだそこに目覚めることのできていない我々を、いつ気付くか、いつ気付くかと、ずっと導いてくださっているのではないかと感じました。

 私たちが普段目標としていることは、後天的に植え付けられた欲や知識によって歪められたものであり、達成すれば自己満足は得られるかもしれませんが、ツケを残し、大きな視野では不幸を生んでしまうものだと思いました。たとえば、良い大学に入ること、良い成績を残すこと、大きな会社に就職すること、何か功績を残して称賛されること・・・。
 対して、人間に最初から与えられているメッセージと潜在能力に気付けば、自分自身を、そして周囲を幸せにする生き方ができる。そしてそのような行動には目に見えないエネルギーを呼びこむ力があり、それが自身のエネルギーとなって、次の行動を生み、連鎖を生む・・・後天的に植え付けられた、信じ込んだ「目的・目標」に向かうのではなく「深さを求める」生き方への転換を促して頂いたように思います。

 まだまだ何も分かっていない自分ですが、これまで無かったような自分が出てきているのを感じます。それは、人の落としものに気付いて届けることができたり、駅を歩いている目の不自由な方の肩を支えたりということです。そのとき先生がおっしゃる、気が付いたらそうしていた、という行動があります。心を起点にする行動とはそういうもので、本来人間の行動は全てそのようなものでなければならないのだと、学ばせて頂いています。

 素通りにするのではなく、常に携帯し、折に触れて読み返し、深さを求める生き方の指南として胸に刻ませていただきます。

(東京 会社員 男性)




ご注文はこちらです。
[ 宇城憲治語録集『一人革命』 詳細・購入ページ ]

 
2015.06.16 12:08 | 編集部より | トラックバック(-) | コメント(0) |
ushi18-01.jpg
本日、宇城憲治先生の新刊書『一人革命』が入荷となりました。
こうして一冊になったものを手にすると感無量です。

理不尽な事件、事故が毎日あふれ出るかのように起きています。
緊急事態とも言える今、支えとなりくさびとなる一篇一篇を、多くの人に届けたいと思います。

本書「はじめに」に、編集部の思いを込めました。
ここに紹介させていただきます。


宇城憲治語録集〈一〉
一人革命 自分が変われば周りも変わる



〈はじめに〉
 
 「人間には誰にも生まれながらにもつ潜在能力があります。 
  その能力に蓋をせず、存分に発揮することができれば、
限りある人生を、自信と誇りをもち、堂々と生きることができるのです」

 これは現在、気による人間の潜在能力の開発とその指導を全国で展開されている宇城憲治先生が、塾生たち一人ひとりに必ず呼び掛けてくださる言葉です。

 元気、病気、天気、気が利く、気が気でない、気になる……
 
 私たちの日常は、「気」という言葉で満ちあふれています。宇城先生は、これだけ「気」のつく言葉が日本語にあるということは、「気」という実態が実際にあるという証であるのだと言います。そして、その「気」にこそ、私たちの身体に宿る人間力の源を引き出す方法があるのだと。 

 宇城先生の指導はすべて、「やってみせる、やらせる」という実践です。1対6の腕相撲や女性が男性を倒すなど、従来では考えもできなかったことを、自らやってみせるのみでなく、第三者に「気」を送ることでその人に同じことを体験させます。

 「気」は見ることも感じることもできません。しかしこのように不可能なことが可能となる具体的な変化を経験することによって、塾生たちは、気のエネルギーが確かに存在することを理屈抜きに学んでいくのです。宇城先生は、まさにこの「気」こそ、日本人のDNAを目覚めさせるエネルギーであるのだと言います。

 宇城先生は長年最先端のエレクトロニクス開発技術者として数多くの新技術開発に携わってきただけでなく、30代前半からは経営に携わり、40代には一部上場グループ企業の社長を務めるなど、若い頃から大きな重責を背負ってビジネス界で活躍してきました。一方で、空手道と居合道という厳しい武道修業の道を歩み、妥協のない文武両道の日々を送ってきました。

 そうしたビジネスの実践と長年の武道修行のなかで辿り着いた武術の究極「気」の世界を、人間の潜在能力の開発技術の次元にまで高め応用し、世界に類のない能力開発の理論と実践を編み出されました。

 本書は、そうした宇城先生のさまざまな指導現場における生の言葉を記録し、写真とともにまとめたものです。

 技術、経営、空手、居合、すべてにおいて妥協なく取り組んできた先生の言葉は、自己変革へ向かう多くの塾生たちの背中を押し、勇気となっています。それは何より、宇城先生ご自身が、技術者として、経営者として、そして真の教育者として、自らとどまることなく、さらなる進歩成長の努力を誰よりも実践しているという事実があるからです。

 この宇城先生の語録・写真集は、現在宇城先生に学ぶ塾生たちはもちろんのこと、人生を真剣に歩もうとする多くの方々の、前に進む原動力となると確信しています。

編集部  




ご注文はこちらです。
[ 宇城憲治語録集『一人革命』 詳細・購入ページ ]

 
2015.06.09 11:35 | 編集部より | トラックバック(-) | コメント(0) |
宇城憲治氏の写真語録集『一人革命 自分が変われば周りも変わる』が
いよいよ明日、入荷となります。

予約価格1,500円での受注は明日までとなります。
それ以降は1,512円に別途送料270円がかかりますので、この機会をお見逃しなく!

ご予約は、お電話いただくかオンラインショップをご利用ください。
〈電 話〉 042-748-2423
〈オンラインショップ〉 http://www.dou-shop.com/SHOP/ushi18.html


宇城憲治語録集〈一〉
  『一人革命 ―― 自分が変われば周りも変わる』


ushi18-01.jpg







┏──────────────────────┓

   変化する人と、変化しない人では
   その差がどんどん開いていきます。

   変化しようと思うなら、実力を問う前に
   まず行動することです。
   それは「行動が心をつくる」からです。

┗──────────────────────┛


┏──────────────────────┓

   実力がなくてもまず行動せよ。

   そうすれば、行動は身心の気づきを誘発し、
   そこから自己の「理」すなわち、
   ゆるぎない筋道が見えてくる。

┗──────────────────────┛




これは、今回の語録集の一遍です。

居合、空手という武道の世界だけでなく、
最先端エレクトロニクス界での技術者として
そして経営者として、妥協なく生きてきた宇城氏の
生き方のメッセージがつまっている本書は、

加速して変わりゆく今の日本のなかで
ぶれない、ゆるがない自分自身をつくりたいと願う読者の
自信を取り戻したいと願う方の
大きな力となることでしょう。


IMG_9129.jpg
『一人革命』より

 
2015.06.08 13:36 | 編集部より | トラックバック(-) | コメント(0) |
去る2015年5月30日、名古屋にて金澤泰子さんと、山元加津子さんの対談が行なわれました。

お二人とも、季刊『道』でインタビューをさせていただいて、その後は連載を担当してくださっています。

金澤さんは、書家として活躍するダウン症の娘・翔子さんのエピソードを「あふれる真心と愛」に、
山元さんは特別支援学校教員として子供たちに接してきた経験や気づきを「ありのままの私たち」に、毎号発信してくださっています。


意外なことに、お二人はこれまで会ったことがありませんでした。

山元さんは、講演会などで「明日は金澤さんがここで講演するんですよ」と言われ、すれ違いを残念に思ったり、金澤さんも、「かっこちゃん(山元さん)のムック本『1/4の奇跡』は私の愛読書で、ぼろぼろになるくらい読んでいました」と、お互いに会いたい思いいっぱいでおられました。

このお二人の橋渡しができたことは、編集部としても、とても嬉しいことでした。

kanazawa-kakko.jpg



今回の語らいを、1冊の本にする予定です。
少しでも早く、お知らせできるようにいたします。ご期待ください!



 
2015.06.01 13:52 | 編集部より | トラックバック(-) | コメント(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。