FC2ブログ

どう出版編集部ブログ

季刊誌『道』を発行している、どう出版の編集部が書き綴っていきます。

184hisaichi01.jpg


<寄り添う心で 被災地の今>
  福島こそはじまりの地
 
 赤坂憲雄 学習院大学教授 福島県立博物館館長



~ 編集を終えて ~

90年代初めから20年間東北を歩き、自ら「東北学」をおこした赤坂憲雄先生は、

「原子力に依存しない安全で持続的に発展可能な社会づくりをめざし、福島の現実を世界と共有して新しい福島を創ること」を目的として「ふくしま会議」を立ち上げました。

2011年11月に開催された第1回は、期間中延べ1000人の参加者がありました。


当事者が「生の言葉」を交わせる場をつくりたい ――

原発事故が起こり、改めて
福島を自分の故郷として選び直そうと思った――


根底にあるふつふつとした怒りを感じながらもあまりに穏やかな口調につい、「いつもそうして穏やかなのでしょうか?」と聞いてしまいました。

「そうです。ずっとこの調子なので、
 パネルディスカッションなどで
 思い切り攻撃しても相手が気づかないんですね。」


赤坂先生の行動力、先を見る目、東北被災地に寄り添おうという心は、私たちの胸を熱くするものでした。

大震災から4年。
まだまだ復興と言えないなか、これからも長く、それこそ赤坂先生のように「自分の故郷」として寄り添う情熱が必要だと思いました。

184hisaichi02.jpg


[季刊『道』184号 購入へ]


スポンサーサイト



2015.04.27 18:59 | 編集部より | トラックバック(-) | コメント(0) |