どう出版編集部ブログ

季刊誌『道』を発行している、どう出版の編集部が書き綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
1月22日に発売予定の次号183号では、行動の原点となる二つの対談に引き寄せられるように、インタビューの記事でも、たいへんエネルギッシュな方々にお話を伺うことができました。

高野誠鮮(たかのじょうせん)氏との出会いも、『ローマ法王に米を食べさせた男』 という大変刺激的なご著書がきっかけとなりました。

IMG_1536.jpg


石川県羽咋(はくい)市の職員であり、僧侶でもある高野さんは、20代の頃は東京でテレビの番組をつくる仕事をされていて、おそよ今のお仕事とは無縁のような世界にいらした方ですが、郷里の石川県に戻られてからは、公務員としてまたのちには僧侶としても活躍されることになります。

ご著書やインタビューで詳しく語っておられますが、本物の宇宙船やロケットを導入した宇宙博物館をつくって町おこしをしたり、限界集落と言われた過疎地を独自の発想で、その地でとれた米をブランド化。さらには奇跡のリンゴの木村秋則氏と手を組んで、農薬肥料除草剤を使わない自然栽培を農協(JA)と共に取り組む道を開くなど、その活動はおよそ“お役所的”な発想では辿り着かない独自の工夫と行動力に溢れていました。

なにより、インタビューから一貫して感じたことは、とにかく前へ前へ、前へ前へ!というエネルギーであり、現状にとどまったり逡巡したり、ましてや過去を振り返ってあれこれ悩んだりなど、もう絶対にあり得ません!とする迫力です。

「構想は誰でもつくるんですよ。それがどれだけ素晴らしくても、具現化しなければ意味がないんです。」

「僕の場合は、できません、と言われるとスイッチが入るんです。できない? ならやってみようって。」 

「私は経験のない人の話は一切聞かなかった。『失敗したらどうする』とマイナス思考の人の話も聞きませんでした。なぜなら、成功するまでやればいいんですから。」
 
「物事を踏み切る時に、どうしたらそれができるかだけを考える。そして行動を起こすだけなのです。」

お会いした時は、とても物静かな方という印象があったのですが、いったんお話が始まると、堰を切ったように、内なる思いがほとばしり、お話が次から次に展開していきました。
 
お約束の2時間はあっという間にすぎ、3時間にわたる熱き思いを伺うことができました。
 
印象深かったのは、高野さんがとくに気持ちを寄せる、リンゴの木村秋則氏と共に取り組む自然栽培への思いです。高野さんは、木村さんの講演を聞いて以来、これは「本物だ」ということで、石川県の農家を集めて木村秋則氏の「自然栽培実践塾」を毎年開催されているそうです。

それは、「木村さんの話に感動する人を増やしても意味がない。木村さんと同じことができる人間が増えなければ意味がない」という、まさに「行動ありき」の信念からです。

徹底して有言実行、その行動のエネルギーは、「あーしたい、こうしたい」「こうだったらいいな」というように、「~たい、たい、たい」の現状から抜け出せない私たちを鼓舞してやまないものでありました。

183号の内容につきましては【こちら】をご覧ください。

この号は、2015年1月22日入荷予定です。

スポンサーサイト
2014.12.30 10:41 | 編集部より | トラックバック(-) | コメント(0) |
次号『道』183号の対談のお話です。

今号では、佐藤芳之さんとの巻頭対談のほかに、特別対談として2014年度のノーベル物理学賞を受賞された中村修二氏との対談を掲載させていただきました。

IMG_3959.jpg


ご存知の方も多いかと思いますが、
毎号巻頭対談をしてくださる宇城憲治先生は、長年技術者としてエレクトロニクス分野の第一線で、リレー、ビデオムービー、イリジウム衛星携帯電話、二次電池充電器など電源部門の開発者として活躍してこられました。

電源部門においては、電源に必須の人命保障(感電)、財産保障(火災)を根底にした百数十項目に及ぶ安全規格取得の必要から世界の安全規格に精通し、その徹底したものの見方、考え方、「先を見る姿勢」は経営トップとしても数々の場で抜擢され、活躍してこられました。

その根底には、常に生と死のなかから導き出された武道の「戦わずして勝つ」の世界があります。

武道で培われたものを、技術開発や経営などの行動の哲学として日常に実践しておられる宇城先生は、必ずや、中村修二氏が青色LEDの技術開発にいたるご苦労や、商品開発にまつわる様々な悔しさ、そして根底にある怒りなど、本当に我が事のようにお分かりになるのではないかということで、宇城先生にお願いして、中村氏への取材の申し込みの許可をいただきました。

といっても紹介者がいるわけでもなく、あれこれ迷うよりはと、カリフォルニア大学の中村修二先生に直接メールでお願いすることにいたしました。季刊『道』のバックナンバーや宇城先生の著書も大学へ直接送らせていただきました。

連絡をさしあげたのが、ノーベル賞を受賞が決まった直後の10月末でしたので、お忙しい中村氏がお返事をくださるかどうか、とても不安でしたが、中村氏からは約10日後、快諾のお返事をいただきました。そのわずか4日後に大阪での対談が実現しました。中村氏が帰国する2日前の本当にお忙しい時間のなかで作っていただいた貴重な時間でした。

対談は、中村氏の青色LEDの開発に至るまでの思い、世界に出たからこそ見えてきた日本の課題、日本の誇り、これからの中村氏の思いなど、中村村氏と同じく技術者の道を歩んできた宇城先生だからこそ、引き出されたお話に溢れています。

中村氏には、その後、メールにて原稿のチェックをいただいたのですが、おそらく、やりとりの時期は、スウエーデンでのノーベル賞授与式の頃で、超多忙でいらしたと思うのですが、原稿をお送りして、わずか10分足らずでメール返信がきたのには本当に驚きました。

「できる人は本当に早い!」
 
「忙しい、忙しい」なんて言っているのが恥ずかしくなりました。

是非この対談をたくさんの方に読んでいただきたいです。

183号は、2015年1月22日に発売予定です。現在予約受付中です。
この号の内容については【こちら】まで。



2014.12.28 13:34 | 編集部より | トラックバック(-) | コメント(0) |
2015年1月に発刊される、次号『道』183号には
UK実践塾の宇城憲治先生による二つの素晴らしい対談があります。

ケニアナッツカンパニー創業者の佐藤芳之さんとの対談がその一つです。

183sato3.jpg


2014年10月上旬にたまたま見たテレビ番組で、佐藤芳之さんのアフリカでの活躍を知り、その後すぐに拝読した佐藤さんの著書 『アフリカの奇跡 世界に誇れる日本人ビジネスマンの物語』が、『道』の対談につながる大きなきっかけとなりました。

 ご著書には アフリカ、ケニアに年商30億の会社をおこして多くの雇用を生み出し、 アフリカの自立のために頑張ってこられた佐藤さんの、利他の思い、「公」の心がにじみ出ていて、本当に素晴らしく、是非、季刊『道』の巻頭対談にと、宇城先生に佐藤さんのご著書をお送りいたしました。

すぐに本を読んでくださった宇城先生からは、「佐藤さんの考え方、生き方が自分とそっくりでびっくりしました。対談の企画を進めてください」というお返事をいただき、さっそく取材の申し込みをしました。

佐藤さんは、ケニアの会社をほとんど無償で現地社員に譲渡して、2008年からは、ルワンダの公衆衛生改善のためにバクテリアを利用した事業を展開されています。

本当にアフリカの大地のように、自然体でおおらかで、何者にも縛られないスケールの大きさを感じる方で、対談当日は、お会いするやいなや、宇城先生と旧知の仲のような雰囲気でお話が始まりました。

当日は、佐藤さんの奥様の武子様も同伴してくださいました。
武子様は、対談資料として佐藤さんにお送りした宇城先生の『ゼロと無限』を読まれ、その内容に感銘を受け、「今日はどうしても宇城さんに会わなくてはと」ということで、同席くださったのです。

誌面の関係で、すべては掲載はできなかったものの、佐藤様とともにアフリカに長く住まれている武子様からも、「アフリカから見た日本」ということで、たくさんの有意義なお話をいただき、3時間近くにわたった対談はおおいに盛り上がりました。

佐藤さんはしかし、「まだお話ししたいことの100分の1も話してませんよ~」とおっしゃり、是非、また機会をつくって交流を続けましょう、とお約束くださいました。本当に素晴らしい出会いをいただけたことを心より感謝しています。

対談の際、佐藤さんがおっしゃった言葉、

「人間は動物だ。動物は動くものだ。
動かないものは静物だ。
そんなのは花瓶にぶちこんで飾っておけばいい。
生きているものは動こうよ。動いてエネルギーを出そうよ。」

がとても印象的でした。

「まず、行動する」「行動先にありき」

というメッセージ溢れる本対談を、是非たくさんの方に読んでいただきたいです。
どうぞ楽しみにしていてください。

次号の内容につきましては、[こちら]をご覧ください。

183号は、2015年1月22日に発売予定です。現在予約受付中です。





2014.12.26 18:32 | 編集部より | トラックバック(-) | コメント(0) |
こんにちは。
今年もあとわずかとなりました。
仕事にお正月の準備に忙しい日々を送っておられことと思います。

12月にはいってからも、なんともやりきれないニュースが続いています。
これから日本はどうなってしまうんだろうと、
不安に思う方も多いのではないかと思います。

お正月に是非読んでいただきたい本があります。
それは、今月8日に発売した、木村秋則氏と宇城憲治氏の共著
『農業再生 人間再生 ―― 大切にしたい目に見えないもの』 です。

saisei.jpg
この本には、これからの日本がどうあるべきかの、はっきりとした道しるべが記されています。

大切なことは、なにか。
それは、誰かが何かをしてくれることを期待するのではなく、まずは自分が動くこと。

以下は、本書の「はじめに」に書いたメッセージです。
多くの方がこの本に出会ってくださることを心より願っています。

  編集部  木村郁子



-----------------------------
農業再生 人間再生 (はじめに より) 
-----------------------------  
リンゴ農家の木村秋則氏は、農薬なしでは絶対に不可能とされてきたリンゴ栽培を、無農薬・無肥料の自然栽培で見事成功させ、未知なる世界を切り開いてきました。29歳で思い立ったその挑戦はしかし、11年間という失敗の連続と、自殺を考えるほどの苦しみを氏に与えるものでした。

木村氏があきらめず貫き通したその信念、覚悟は、農業関係者だけでなく、未知のことに挑戦する人たちにとってどれだけ勇気につながったか分かりません。

 異常気象をはじめ、さまざまな地球規模の問題が出ているなか、木村氏は、現在、食の安全のため、悪化の一途をたどる地球環境の改善のために、人にも環境にもやさしい「無農薬・無肥料」という自然栽培の指導を全国で展開されています。

木村さんは、「常に人がつくるものは不完全だが、自然がつくるものは完成されている」という信念のもと、農薬と肥料に依存する農業の在り方に警鐘を鳴らすとともに、奇跡とされた自然栽培がこの国で「当たり前」となることを願って、新しい農業の在り方を〝農業のルネッサンス〟として提唱されています。

 長年、最先端のエレクトロニクスの技術者として、さらには企業のトップとして活躍されてきた宇城憲治氏は、現在 ㈱UK実践塾代表として、徹底した文武両道の生き様と、武術を通して得た「気」によって、人間の潜在能力の開発とその指導に専念されています。

 宇城氏は、私たちが生まれながらに持つ潜在能力に気づくことができれば、人生に大きな変革をもたらし、仕事、人間関係、子育てなど、全ての日常における様々な課題を解決する糸口となると指導されます。

 その指導の根幹には、人間力を高め、心豊かにするという信念と、裏づけのある具体的な指導プロセスがあります。それは、「できない」を「できる」に変えることによって、言葉や理屈ではなく、全て自分の身体を通して、内なる能力に気づき自らの力で変化していくというものです。

 昨今の異常気象、自然災害、相次ぐ自殺や殺人事件、また子供の行方不明、遅々として進まない東北の復興、福島の原発など、日本が加速的に不穏な方向に向かっている気配に誰もが気づいています。

 そして多くの人がこのままではいけないということを感じ始めています。しかし、感じてはいてもその解決のために、あるいは立ち向かうために実際にどう行動していけばいいのかが分からずに立ち往生している人が多いのではないでしょうか。

 本書は、2013年に季刊誌『道』の対談が縁で出会い、交流を深めてきた木村、宇城両氏が、あらためて農業再生、人間再生、ひいては日本再生という視点から、発信してくださるものです。

 両氏に共通していることは、人間も農業も、今こそ原点に戻るべき、というメッセージです。
 そこにあるのは、そもそも自然界は人間であれ動物であれ植物であれ、最初から完成されているのであって、全てが共存共栄という調和と循環のなかにあるという考え方です。

木村氏がリンゴの木を通して気づいた、目に見えない大自然の法則
宇城氏が展開する、宇宙のエネルギーである「気」による人間の潜在能力の開発

 ひとつの自然の理、すなわち自然の真実・真理の法則を知ると、そこを出発点にしていろいろなことが見えてくる。その法則、真理から両氏が本書で発信してくださることは、まさに今、私たちが何をすべきかの明確な道しるべであり、同時に未来を希望あるものにするための指針とも言えるのではないでしょうか。



2014.12.24 19:00 | 編集部より | トラックバック(-) | コメント(0) |
こんにちは。

お知らせがあります。
毎号季刊『道』で連載くださっている、金澤泰子さんとその娘さんである、
ダウン症の翔子さんのドラマが
本日12月21日、夜10時より、NHK BSプレミアムで放送されるそうです。

泰子さんと翔子さんには、季刊『道』166号で取材させていただいて以来、
ずっと交流させていただいておりますが、
お母さんの翔子さんへの思い、そして翔子さんのお母さんへの思い、
お二人がどれだけの信頼と愛でつながっているか、
毎号の連載記事からひしひしと感じていました。


詳細はこちらまで
http://www.k-shoko.org/news/

2014.12.21 12:18 | 編集部より | トラックバック(-) | コメント(0) |
こんにちは。
今週末の12月13日(土)、横浜の神奈川県民ホールにて
宇城先生の講演会、実演会がいよいよ開催されます。

今回で宇城先生の横浜でのご講演は3回目ですが、
毎回、たくさんの感想をいただいています。

その多くは、自分のなかに眠る、生まれながらにある自分の力に
気づかされて感動した、というものです。

私達は、とかく目に見えるものだけをたよりに判断し、
目に見えないものを信じない傾向があります。

また、女性だから弱いとか、子供だから大人にかなわないとか、
あるいは1対複数の腕相撲なんてぜったいに勝てるはずがない、など、
多くの人がそれを当たり前だとして、疑うことはありません。

しかし、宇城先生が示してくださる「気」の世界は、
そんな私たちの常識を根本から覆してしまうものです。

私たち人間が生まれながらにもっている力はそんなもんじゃない!
もっともっと可能性を秘めて生まれてきているのだ、ということ。

宇城先生はそのことを、自らやってみせ、そして人にもやらせる、
という形で、示してくださいます。

また今回は特別ゲストとして、季刊『道』で宇城先生と対談くださった、
奇跡のリンゴで知られる木村秋則様がご講演くださいます。

木村先生もまた不可能とされた無農薬リンゴ栽培を見事成功させるという、
不可能を可能にする世界を実践されておられます。

講演テーマは、「常識を覆す気のエネルギー」

まさに、今回の講演会が、
私たちにある常識をあらためて問い直す一日となり、
そして今まで気づかなかった、目に見えないエネルギーの一端を
感じとっていただけたら、これほど嬉しいことはありません。 

あと二日で開催です。現在ほぼ満席に近い状態です!

たくさんの方々との出会い、感動を心から楽しみにしています。

詳細は、どう出版のサイトをご覧ください。

どう出版
木村郁子
2014.12.11 16:30 | 編集部より | トラックバック(-) | コメント(0) |

菅原文太さんが死去されました。
新聞、インターネットニュースで一報が流れています。

たいへん驚いています。とてもとても、お元気そうに見えたのです。

季刊『道』181号(2014夏)で、宇城先生と対談していただき、つい先日も、菅原文太さんのラジオ番組「日本人の底力」(ニッポン放送)に宇城先生が2週にわたってご出演されたばかりでした。

収録に同行させていただきましたが、とてもお元気そうで、まだまだ日本のことを語っていただけると信じておりました。

『道』で発信していただいたメッセージ

「日本は落ちるところまで落ちろ。
 そこから起ち上がれ。」


菅原さんの声が聞こえてくるようです。
自ら無農薬での農業を始め、食を通して日本の未来といのちを見つめて続け、日本を思うからこその厳しい言葉でした。
その心を、ずっと忘れずにいようと思います。


dou181-02.jpg

季刊『道』181号 巻頭対談より  2014年6月21日



心よりご冥福をお祈りいたします。 
                          編集部


2014.12.01 16:25 | 編集部より | トラックバック(-) | コメント(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。